不感症は女性用バイアグラや媚薬で改善

2020年03月24日

不感症とは性行為をしてもそこから性的興奮が満足に得られない現象で、男性は自慰行為から女性の膣の感触を陰茎が上手く感じなくなったために起きる事象と言えるでしょう。
女性ではもっと複雑な原因から起きているので紹介していきましょう。

女性が不感症になるのは精神的なものと肉体的な原因が有る場合に分類されます。
精神的な要因は過去に性的な行為から心に傷として残ってしまい、トラウマとしていつまでも引き摺ってしまうために起きてしまいました。
肉体的な原因ではストレスや疲れから来る体調不良、生理や妊娠によるホルモンバランスの崩れ、加齢や生活習慣の乱れなどから来るPDE5という物質の過剰分泌が考えられています。

男性で勃起障害を生じる割合は高いので、その治療薬はずっと以前から販売されていました。
女性も不感症対策のための治療薬というのは媚薬という性的興奮や性行為での感度を上昇する薬は以前から有りました。
それに加えて肉体的な原因を改善する女性用バイアグラのラブグラが販売されたり、女性の性的興奮を高めるために脳に直接作用させるフリバンセリンが開発されたりして、女性の不感症対策も充実し出したと言えるでしょう。
ラブグラは主成分として男性の勃起治療薬と同じものが使われているので、その効果や服用の方法、副作用も同じと言って間違い有りません。

このラブグラは女性が不感症になる原因の一つであるPDE5という物質の過剰分泌を阻害する効能が有ります。
この成分の働きで悪くなった血流を血管を拡張することで良くするのですが、急激に血管を拡張するので頭部で血圧の低下を引き起こし、頭痛を発症しやすくなるというのが確認されています。
フリバンセリンは性的な欲求を刺激するドーパミンという脳内物質を増やすと共に、このドーパミンの働きを阻害するセロトニンの分泌を抑制することで不感症を改善してくれます。
しかし、毎日服用しなければ効果が出なくなってしまします。

副作用として吐き気やめまいといった症状が出る可能性が有るので、そのような副作用が出たら服用を中止するか、医療機関で診てもらって下さい。
最近では女性の不感症対策の治療薬もジェネリック医薬品が販売されているので、購入はとても楽になってきました。
性行為は子孫を残すための重要な行為ですが、他では得られない幸福感や快感を得られる行為でも有るので、その快感を得られなくなる不感症は万全な対策を施すべきと言えます。

精神的な要因から不感症になってしまう女性も多い

性の悩みを感じている男性が多いというイメージが多いかも知れませんが、実は女性もとても多いのです。
人に相談出来ずに一人で抱えてしまいがちな悩みでもありますが、精神的なことであったりトラウマが要因で不感症になってしまう事も多々あります。

一度セックスで嫌な思いをすると、それがトラウマとなることもありますし、引き金となって感じにくくなったり、濡れにくくなる事で挿入時に痛みを感じる事も出てきます。
オーガニズムを感じることが出来ないと、女性だけではなく男性としても自信が無くなってしまうというデメリットも生じます。
二人で楽しむためには、精神的な要因を取り除くことも大事ですが、それでも解決できない時には媚薬や女性用バイアグラなどの使用をしてみるのもお勧めです。

不感症になる要因は、体調的な事だけではなく精神的なところも大きくかかわっています。
しかし、媚薬や女性用バイアグラを飲むことで効果を感じられることも多いのです。

不感症に効果があると言われているラブグラは、インドの製薬会社で製造販売されている女性用バイアグラです。
血管拡張の効果があるフリバンセリンが配合されたジェネリック医薬品です。
セックスをする1時間ほど前の空腹時に服用するという方法で使っていきます。

ちなみに副作用は、血管に作用する薬という事も有り、頭痛や鼻づまり、また顔のほてりなどが出ることがあります。
ごくまれな症状ですし、用量や服用方法をきちんと守っていればそこまで心配することはありません。
男性ではEDの治療で使われる勃起力を高める薬が使われますが、女性も精神的な要因から不感症になってしまうこともありますので、お悩みでしたら使ってみると良いでしょう。